美術学科 勝野 眞言

katsuno

 

人のかたちを追うと、そこに山があり、水が流れ、海に注ぐという そういった地球の姿・営みが重なってくる。この地球に人がある ということはどういうことか。その人間一人が生きてゆくのにど れほどのエネルギーを取り込み、またかたちをかえてエネルギー を放出するのか。そんな命題を提起され、答えを探っていきたい。

 

 

表現をしてゆく原点にあるのは感動です。普段見慣れたものでも改めてみてみると新たな発見や感動がありま す。彫刻コースはモチーフの多くに人物を選び、これを観察することで対象の本質を探ります。対象としっかり 向かい合うことは、視野を広げ、新しい発想や美術の道の可能性を与えてくれます。そして、君達を教え導いて 行くのは、君達自身がこれから鍛え積み重ねて行く知性と、感性に他ありません。大学での4年間、地道な努力 を惜しまず、いまの1歩を大切にしてください。

 

katsuno-ura

崇城大学芸術学部 Soda | Sojo University Design & Art