美術学科 中村 賢次

nakamura

 

目に見えないモノの色とカタチ、音と匂いと肌で感じるナニカを表現することが絵画であるなら、静かにゆっくりと自然に溶け込んで行く時間の流れがとても大切。

 

日本画の勉強に必要なことは二つ。日本の気候風土や人の心の伝承によって受け継がれてきた日本の文化を 理解すること。そしてそれを絵画というカタチにするための技術・技法を修得すること。画家とは職業ではな く、生き方として捉えた時に本物の大切なナニカに向かう旅が始まります。

 

a-nakamura-ura

 

崇城大学芸術学部 Soda | Sojo University Design & Art